「日本の「がん・生殖医療」発展のために」

がん治療と妊娠~がん治療後の将来を見据えて~

サイトマップ

過去のニュース一覧
プログラム

シンポジウムのご案内

近年の小児がんの治療成績の向上に伴い、多くの患者が成人することを期待できるようになり、今後は将来の妊孕性を念頭に置いた、きめ細やかな対応が必要になってくると考えられます。このような状況の中、がん治療の晩期毒性に関する専門的知識を持つ医療者の育成はまだ満足のいくものではなく、小児がんサバイバーが専門スタッフへアクセスする手段も不充分だと言わざるを得ません。小児がんサバイバーの将来の妊孕性に対する希望を絶やさないため、このシンポジウムが医療者側の現在のエビデンスを含めた知識の整理と今後の治療法の開発、将来の医療者間あるいは患者・医療者間のネットワーク構築のきっかけになればと考えております。

(世話人代表 筒井建紀(JCHO大阪病院))

プログラム

セミナーのご案内

がん患者の妊孕性対策の促進のためには、がん治療医から適切な情報提供を行い、確実に生殖専門医と連携を図っていくことが求められます。その一方で、がん診療の現場では、診断から治療方針決定までの短期間に、がん治療にともなう生殖機能障害について十分に話し合う時間を確保することが困難な現状があります。がん診断時から積極的なアプローチを行うためには、実際には医師間および医師患者間の情報共有をナビゲートする看護職の役割が大きいと考えます。本研修会では、乳がんに焦点を当て、がんと生殖医療に関する基礎知識を習得したうえで、事例を通した援助の実際に関するスキルアップを目的と致しております。

ご参加をお待ちいたします。

(日本がん・生殖医療研究会 看護部門代表 渡邊知映)

がん治療を目前にした患者さんに将来の妊娠について一緒に考えられる場を提供します

がん治療は、内容によっては患者さんの妊よう性(妊娠する力)を消失させ、若年患者さんであっても閉経の状態をきたしてしまう可能性があります。近年の医療の進歩により、そのような問題点をかかえた患者さんに対して妊よう性を温存することができる可能性が芽生えてきました。しかし、治療を目前にした患者さんに対して将来の妊娠について説明し、限られた時間のなかで患者さんが選択を行うことは容易ではありません。また、妊よう性温存に関しての充分な情報を提供できる施設は少なく、がん治療医と生殖医療にたずさわる医師、ひいてはそのような患者さんの分娩を引き受けてくれる周産期医師との連携は不充分であるのが現状です。
私たちは、『がん治療および将来の妊娠という双方の点について、患者さんが充分な情報を得たうえで、最良の選択ができるような社会づくりをする』という理念のもと、専門科や職種の垣根を越えて集いました。治療を目前に将来の妊娠について考えることは容易なことではありませんが、患者さんがご自身にとって最良の選択をされ、原疾患の治療に前向きに取り組めるようにお手伝いをさせていただきたいと思います。

妊よう性とは

妊よう性(妊孕性;fertilityもしくはfecundity)とは、生物が子孫を残すための繁殖力、つまり妊娠する力のことを意味します。妊娠するためには、女性側の因子として子宮・卵巣(および卵子)が重要な役割を果たし、男性側の因子としては精巣(および精子)が重要な役割を担っています。
子宮は女性特有の臓器であり、胎児(赤ちゃん)を出生するまでの期間、育む場所です。卵巣は女性のホルモンバランスを保ち、月経(生理)周期をつくりだす臓器で、妊娠に必要な卵子が保存されています。卵巣内にある、将来卵子になる原始卵胞は生まれたときには約40万個存在するとされ、現在の医学では新たにつくられることはなく、どんどん消費されてゆくものと考えられています(図参照)。一方で精巣はどんどん新しい精子をつくりだす力を有しています。しかし子宮・卵巣・精巣などの臓器そのものは、現在の医学をもってしても人工的に代用することはできず、一度失ってしまうと取り戻すことは非常に困難です。したがって、妊よう性も一度失ってしまうと回復することは極めて難しい、かけがえのないものと考えられることができます。

年齢による残存卵子数の変化

妊よう性温存とは

がん診療の飛躍的進歩によってがんを克服した患者さんの治療後の生活の質(QOL=quality of life)にも目が向けられるようになってきています。若い患者さんに対するがん治療は、その内容によっては卵巣や精巣などの性腺機能不全をきたしたり、子宮・卵巣・精巣など生殖臓器の喪失により将来子供を持つ事が困難になる事(妊よう性の廃絶)があります。その結果、患者さんはがん治療後に長期にわたるQOLの低下に悩むことがあります。
医療者と患者さんにとって、病気を克服することが最大のゴールであるため、これまではがん治療によるこれらの問題点には目をつぶらざるを得ませんでした。

しかし最近では、医療技術の進歩やデータの蓄積によって一定の制限付きながら、がん治療後の妊よう性を温存するための治療法も数多く試みられるようになってきています。子宮がんや卵巣がんに対する子宮や卵巣を温存する手術、放射線治療から卵巣を保護する手術、さらには生殖補助技術の進歩による精子や卵子、受精卵の凍結保存などは広く普及するに至っています。 最近では卵巣を組織ごと凍結保存して、がん治療の終了後に再度体内に移植する技術も確立されつつあります。この方法は、まだ発展途上の技術ではありますが、海外では2004年から現在までに20名以上の出産例が報告されています。

近年、がんの治療が飛躍的に進歩したため、病気を克服した患者さんが増えつつあることから、そのような患者さんの治療後の生活の質(QOL=quality of life)という問題にも目が向けられるようになってきています。若い患者さんに対するがん治療の代表的な副作用として、卵巣や精巣などの性腺機能不全、子宮、卵巣、精巣など生殖臓器の喪失により将来子供を持つ事が困難になる事(妊よう性の廃絶)があり、ホルモンバランスの異常や不妊症の状態に悩むことがあります。
医療者と患者さんにとって、病気を乗り切ることが最大のゴールであるため、がん治療によるこれらの問題点には目をつぶらざるを得ない現状がありますが、不妊治療技術や基礎の進歩によって、がん治療後の妊よう性を温存するための治療も数多く試みられるようになってきております。私たちは、『がん治療医』と『産婦人科医』が協力し、そのような患者さんの悩みを少しでも解消できるように、情報および医療の提供、本邦におけるネットワーク作り、研究および技術開発を行っております。

JSFPが提供するネットワーク

これまでのがん・生殖医療

JSFPの取り組み